ホワイトニングの豆知識

市販で売られているホワイトニング歯磨き粉は安全?研磨剤なしはどれ?

更新日:

この記事では「研磨剤入りの歯磨き粉と研磨剤なしの歯磨き粉の違い」についてまとめてみました!
私のオススメ「研磨剤なしの歯磨き粉」も紹介しているので、参考にしてくださいね♪

→いきなりオススメの「研磨剤なしの歯磨き粉」を見てみる

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉がいけない理由

ホワイトニングをしたいと思った時に、一番最初に思いつくのが歯医者でのホワイトニングですよね!
でも歯医者でのホワイトニングは高すぎて手がでない。。。
次に思いつくのがホワイトニング歯磨き粉ですね。

ドラッグストアで市販されているホワイトニング歯磨き粉の値段を調べたら、たったの400円!!!
こんなに安くてホワイトニングできるならこれで良いじゃ~ん

…こんな感じで市販されているホワイトニング歯磨き粉を買った経験ってないでしょうか?
私はあります!

でも市販されているホワイトニング歯磨き粉って「研磨剤」が入っていることはご存知ですか?
「研磨剤」が入っている歯磨き粉はダメかと言うと、ダメです!!!

以下は歯医者さんのブログからの引用です。

歯医者さんの窓口で、販売しているものの多くが低研磨、あるいは無研磨の歯磨き粉です。
市販の歯磨き剤には、研磨剤が入っています。
従来より、研磨剤は歯が削れる原因になるといわれています。
とあるメーカーでは、歯医者さんで売っている歯磨き粉が、低研磨。
薬局で売っているのは研磨剤あり。なぜでしょうか?
(これ以上書くと、また夜道を歩けなくなるので、止めておきます(笑))
歯医者さんの多くは、研磨剤が入ってない歯磨き粉を使用します。

http://www.nagase-dental.net/column/archives/75

「研磨剤を使うと歯が削れる原因になる」
「歯医者さんの多くは、研磨剤が入ってない歯磨き粉を使用します」

この2点が衝撃ですよね。。。
研磨剤は洗浄力が強力なので、歯を白くする作用があるのは確かです。
しかし、洗浄力が強すぎるあまり、歯までキズ付けてしまうのです!

研磨剤を使うと、歯の表面には目には見えないミクロのキズがつきます。
歯にキズが付くとステイン汚れがつきやすくなり、黄ばみやすくなります。

つまり、研磨剤入り歯磨き粉で歯を磨くと、一時的に白くはなっても長い目でみると余計に黄ばみやすくなるのです。
一時的に白くなるからといって、市販されているホワイトニング歯磨き粉を使うとあとで後悔しますよ!!!

最近は「研磨剤」という表記ではなく、「清掃剤」と表記されていることもあるみたいです。
なので、歯磨き粉を選ぶときは成分の所をよ~くチェックしてみてください。

通販の歯磨き粉とドラッグストアで市販されている歯磨き粉の違い

ホワイトニング歯磨き粉には2種類あります。
『ドラッグストアで安価に買える歯磨き粉』と、『少し値段は高いけど通販で買える歯磨き粉』です。

この2つでは購入方法以外にも、使われている成分に大きな違いがあります!
『ドラッグストアで安価に買える歯磨き粉』は、さきほど紹介した研磨剤や清掃剤といった成分が入っていて、歯をけずって白くしようとします。

しかし、一方で『少し値段は高いけど通販で買える歯磨き粉』には、研磨剤や清掃剤といった成分が入っていておらず、歯を削らずに白くすることが出来るのです!

ですので、ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くしようと思ったら、『少し値段は高いけど通販で買える歯磨き粉』を選ぶようにしましょう!

削らずに白くするホワイトニング歯磨き粉の成分

研磨剤はけずる力が強すぎるので、使わないほうがいいと説明しました。

「研磨剤なしの歯磨き粉だと、そもそも黄ばみを落とすことはできるの?」
「やっぱり歯医者に行ってホワイトニングしなきゃダメなの?」
って不安になりますよね。

最近は科学の進歩で研磨剤を使わなくても、ちゃ~んと黄ばみを落とすことが出来るのです!

天然の研磨剤!メタリン酸&ポリリン酸ナトリウム

例えばメタリン酸ナトリウム!
この成分は歯についた頑固なステインを落とす作用があります。
(食用にも使われている安全な成分です)

歯を削らずにステインを落とすため『天然の研磨剤』とも呼ばれたりします。

ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトには歯についたミクロの傷を修復して、新しいステインをつきにくくする作用があります。

このふたつの成分は「研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉」にはよく入っている成分で、歯を傷つけたりせずに、歯のホワイトニングをすることが出来ます。

歯磨き粉では真っ白にはならない

ここで注意してほしいのは、ホワイトニング歯磨き粉では真っ白にはならないということ!
テレビを見ていると、たまーに女優さんとかで歯が白く輝いている人とかいますよね。

こんなふうにはなりません。
あれくらい白くしたい場合は歯医者でホワイトニングをする必要があります。

歯医者のホワイトニングと、ホワイトニング歯磨き粉の違いは何かと言うと「薬剤を使うか使わないか」です。
歯医者のホワイトニングは過酸化水素という刺激が強い薬剤を歯に塗って、歯の表面だけではなく内側から白くします。

でも、ホワイトニング歯磨き粉は表面についたステイン汚れを落とすだけ。
歯本来の白さに戻すのがホワイトニング歯磨き粉。
薬剤の力で本来の歯よりも白くするのが歯医者のホワイトニングです。

「真っ白にしたい!」という人は、ホワイトニング歯磨き粉では出来ませんので、歯医者さんに行ってくださいね(^_^;)

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉の選び方と注意点

最近では研磨剤なしの歯磨き粉も増えてきましたが、値段が高いものが多いです。
中には1本で1万円もするものとかもあります。。。

値段が高いと効果が高いかというと、そうでもなさそうです。
というのも、研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉ってほとんど成分が同じなんですよね。
(↑で説明したメタリン酸やハイドロキシアパタイト)

また、ホワイトニング歯磨き粉はすぐに効果がでるものではないので、ちゃんとホワイトニングするには3~4か月は継続して使う必要があります。

3~4か月使い続けることを考えると、1か月で1万円したらとても継続できませんよね。
ホワイトニング歯磨き粉の相場は1か月あたり4~5千円なので、大体それくらいを基準に考えましょう。

値段が高いと継続できないので、くれぐれも高いものを買うのはやめましょうね!

自宅でできるおすすめのホワイトニング歯磨き粉のランキング

それでは私がオススメする研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉を紹介しますね!

1位:ビースマイルホワイトニングキット

いきなり、歯磨き粉じゃないんかいΣ(゚д゚lll)
とツッコミを入れてくれた方!
ありがとうございます!笑

でも、これが一番オススメなので仕方ないですもん。
こちらのホワイトニングキットは「自宅でカンタンにホワイトニングできる」という点ではホワイトニング歯磨き粉と同じです。

むしろホワイトニング歯磨き粉よりも、専用の器具を使うのでホワイトニング効果は高いです。
歯に専用のジェルをぬって、マウスピースとLEDライトを使ってホワイトニングします。
2~3日に1回、1回あたり約10分間キットを使う必要があるので、ちょっと手間はかかっちゃいますけど、効果が高いのは折り紙付き!

2~3日に1回、1回あたり約10分間の手間が苦にならないという人には一番オススメ!
値段は、最初キットを買うので5000円くらいしますが、2か月目からはジェルだけでいいので3000円で使うことができます。

コスパよくホワイトニングしたい人には一番のオススメです!

2位:美白用歯磨き粉の『はははのは』

こんどはちゃんと歯磨き粉です!笑

「はははのは」の特徴はなんと言っても、値段の安さ!
定期コースだと初回購入価格が1,980円で2回目以降は2,980円です!
これは私が知っているホワイトニング歯磨き粉の中で、一番安いです!

しかも他のホワイトニング歯磨き粉だと「定期コースは3回は購入することが条件」といった定期しばりがありますが、
「はははのは」にはそういった定期しばりもありませんので、買いやすいというメリットもあります。

ただし、1か月だけ使ってもホワイトニング効果は期待できませんので、使うときは3か月以上は使うようにしてくださいね!

3位:パールホワイトプロEXプラス

薬用パールホワイトプロEX+

こちらも歯磨き粉!というよりも歯磨きジェル。
なんだか入れ物も高級感がただようパールホワイトプロですが、こちらの特徴はホワイトニング効果が早いこと。

普通のホワイトニング歯磨き粉は3ヶ月くらい使わないと効果がでませんが、パールホワイトプロの口コミを見ていると1ヶ月くらいで白くなったという口コミを見かけます。
早い人だと2週間とかΣ(゚д゚lll)
でも人によると思うので過度の期待は禁物です。

効果も高いですが、値段も少し高め。
初回購入価格が3,240円で2回目以降は6,480円します。
2~3ヶ月後までには確実に白くしたいという人にはコチラがオススメです。

ホワイトニング歯磨き粉のホワイトニング以外の効果

オススメの歯磨き粉を紹介しましたが、「ビースマイル」も「はははのは」「パールホワイトプロ」も歯を白くするだけではなく、お口に関すること全般をケアできるのが特徴です。
具体的に言うと「初期虫歯の予防」「歯周病予防」「口臭予防」に効果があります。

↑の方でハイドロキシアパタイトは歯についたミクロのキズを修復する作用があると説明しましたが、このことを専門用語では「再石灰化(さいせっかいか)」というそうです。
この再石灰化の効果で、初期虫歯も予防することが出来るみたいです。

年をとって入れ歯になると、味が全く変わるみたいですから、若いうちからむし歯もしっかりと予防しておきましょうね♪
私のおじいちゃんからの教えです。笑

発泡剤が入っていないと1本1本しっかり磨ける!

オススメした歯磨き粉を実際に使ってみると分かるのですが、泡が全くでません。
市販されている歯磨き粉を使うと口の中が泡でブクブクになりますよね。
あれは「発泡剤」という成分が入っているからなのですが、オススメした歯磨き粉には発泡剤が入っていないので、泡でブクブクしません。

どうして発泡剤が入っていないかと言うと、1本1本の歯をしっかりと見て磨けるようにするためです。
発泡剤が入った歯磨き粉でハミガキすると、お口の中がスッキリしますね。

でも泡でスッキリしたからといって、ちゃんと磨けているかというとそうではありません。

効果的な磨き方!歯を丁寧に一本一本ブラッシング

ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くするためには、一本一本、歯をしっかりとブラッシングする必要があります。

難しいことはする必要ないです。
鏡を見ながら1本1本丁寧に磨きます。

発泡剤が入っていない理由はココにあるのです!
口の中が泡でブクブクしたら、歯を見ながら磨くということが出来ませんからね(^_^;)

一本一本丁寧にブラッシングするために発泡剤は含まれていないのです。

日頃から歯の着色を予防するには…?

ホワイトニング歯磨き粉を毎日使えば、着色を予防し歯を白くキレイに保つことができます。
しかし、研磨剤が入っていないホワイトニング歯磨き粉は値段が高く、毎月は使えないという人も多いと思います。

そこで、オススメなのが『使う量を減らす』ということ。
ホワイトニング歯磨き粉を2~3日に1度のペースで使えば、歯の白さを維持しながら、お財布へのダメージをへらすことが出来ます。

合わせて紹介したいのが『日頃から歯の着色を予防する習慣』を身に着けることです。
この習慣を意識すれば、ホワイトニング歯磨き粉の使用頻度を減らしても、歯の着色が気になるということはないと思います。
私が意識しているのはこの3つです。

  1. コーヒーを飲んだら、うがいする
  2. コーヒーはできるだけストローで飲む
  3. キシリトールガムをかむ

この3つを意識するだけでも、相当着色をおさえることが出来ます。
コーヒーだけじゃなく、紅茶やコーラが好きな人にも効果的です!
ぜひ取り入れて見てくださいね^_^

まとめ

この記事では研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉はキケンということと、オススメの歯磨き粉を紹介しました!
研磨剤入りの歯磨き粉を使うと歯が削れて、どんどん黄ばみやすい歯になるので注意してくださいね。

昔はホワイトニングと言えば、歯医者でのホワイトニングしかなかったので、ほとんどの人は一度黄ばんでしまったらあきらめるしかなかったみたいです。
でも今なら1ヶ月あたり3~4千円でホワイトニングができる時代になりました!
3~4ヶ月でホワイトニングが完了することを考えると、トータルでかかる費用は9千円~1万2千円くらいです。

ホワイトニングはお肌のケアと同じくらい、当たり前の感覚になりつつあるかもしれませんね!
歯が白いと自信がついて自然と笑顔も増えてきそうです^_^

いきなり歯医者で高いホワイトニングをするのではなく、まずは手軽にできるホワイトニング歯磨き粉から始めてみてくださいね♪

P.S.もし研磨剤入りの歯磨き粉を使うなら…

どーしても研磨剤入りの歯磨き粉を使わなければならないときは、3日に1回とか1週間に1回とかにとどめておきましょう。
そのくらいの頻度なら歯を傷つける危険性は低くなるし、そもそも研磨剤は洗浄力が強いので、歯垢などを落とす力は強いみたいです。

ただし、そのくらいの頻度だとホワイトニングには使えませんので、虫歯予防の歯磨き粉として使うようにしましょう。

-ホワイトニングの豆知識

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉のランキング【婚活女子が効果を写真検証!】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.